都市と自然の記憶

DATE

2021.2.5 FRI 14 SUN 10:00-19:00

LOCATION

札幌文化芸術交流センター
SCARTS
2F
SCARTSスタジオ
SCARTSモールC

入場無料

札幌の冬を、普段と違う見方でクリエイティブに
楽しむプログラム「さっぽろウインターチェンジ」も
今年で3回目を迎えます。
今回は、SIAFラボとSCARTSによる
新たな共同プロジェクトを紹介する展覧会を
開催します。

札幌を取り囲む豊かな自然環境の中で、
気温や湿度といった情報を大量に集めて持ち帰り、
そのデータをもとにしたアート作品を作るとしたら、
どんなものになるでしょう?
それを知るには、実際にデータロガー
(データを集めて記録する装置)を野外に持ち出し、
データを集めることから始めなくてはなりません。
しかし、冬の札幌のような過酷な環境で
使うことのできる高い耐久性を持った
データロガーは、気軽に手に入る
ものでないことも確かです。
SIAFラボとSCARTSでは、
雪や氷に覆われた低温環境、高圧のかかる海底、
多湿な森の中、さらには放射線の飛び交う
宇宙といった過酷な環境でデータを
集め続けるための装置を、
「エクストリーム・データロガー」と名付け、
極限環境下でのアートプロジェクトの
実現を目指して、
開発に向けて動き出しました。
大規模な産業開発とは違い、
誰にでも手に入るテクノロジーを使って自分たちの
手で作り上げようとしています。
この展覧会では、北国・札幌に欠かせない
「除雪」という都市機能が生み出す雪の形を、
データロガーを通した視点で
見つめ直す「除雪彫刻」を
展示するほか、様々な切り口で
データロガーを紹介します。

Extreme Data Logger イメージ写真
Extreme Data Logger イメージ写真

EXHIBITION

at SCARTS モールC

除雪彫刻

除雪車が路肩に積み上げた雪の形状を3次元計測してデータ化したものを、産業用機械で削り出し、彫刻作品に見立てて展示します。昨年末、記録的な大雪となった岩見沢市の雪壁を含む4点を制作中です。

at SCARTS モールC

観測気球

データロガーを宇宙の入口(成層圏)へ運ぶゴム気球を、実際に展示空間に浮かべます。気球からはデータロガーと360度カメラを吊り下げ、気球の視点からライブストリーミングも行います。

at SCARTS モールC

自作極限環境

データロガーの低温試験のために製作中の保冷庫を展示します。キッチン用品とドライアイス、エタノールで作った寒剤は、-70℃を記録しました。展示する保冷庫内からの360度カメラを使ったライブストリーミングも行います。

at SCARTS モールC

SNOW PLOW TRACE
2020 version

札幌市の除雪車に搭載されたGPSによる位置情報を可視化することで、冬の札幌の姿を捉えようとする試みです。100台を超える除雪車の動きや除雪ルートの仕組み、その痕跡が街の形を浮かび上がらせます。

at SCARTS モールC

モエレの雪上絵

雪で覆われた冬のモエレ沼公園をキャンバスに、
自作GPSロガーで巨大な雪上絵を描くワークショップを2021年1月9日に実施しました。
「GPSロガー」を持って公園内を歩いた道のりが大きな雪上絵になります。
ワークショップの様子や、実際に描いた雪上絵を展示します。

at SCARTS スタジオ

雪堆積場タイムラプス

札幌市内にある2箇所の雪堆積場の様子を、早送り映像(低速度撮影)で観察します。今回は、山型と谷型の2種類の堆積場に雪が運び込まれていく経過を撮影する予定です。
*積雪量によって内容変更の可能性あり

協力:豊平区東地区道路維持除雪業務共同企業体、北陽・北海道ロード・佐野特定共同企業体