Projectプロジェクト

Side Effects 2022 - 2024

2022

S.I.D.E. では、2024年の札幌国際芸術祭までの3年間を第一期とし、キュラトリアル・リサーチャーとして明貫紘子氏を、アーティスティック・リサーチャーとして中井悠氏を迎えます。

中井氏が研究を続けている、音楽家のデーヴィッド・チュードアが発案した、《Island Eye Island Ear》は、チュードアが E.A.T.のサポートを得ながら中谷芙二子らと1970年半ばから10年以上取り組んだプロジェクトで、孤島をまるごと楽器化するという構想に基づき、サウンドビーム、霧や凧などを用いて「島の自然を露わにすること」を目論んだものでした。並外れたスケールに加えて、自然と技術に対する特異な思想ゆえに未完に留まったこの壮大なプロジェクトの今日的な実現可能性を探ります。

また、中井氏は、サウンドビームや霧、凧といった《Island Eye Island Ear》の構成要素を、風という不可視・不可聴なものを露わにする媒体として捉える視点に立つと、そこに「影響」という概念が見えてくると言います。この「影響」という言葉をリンクとし、研究者らとの対話を重ねながらリサーチを続けていきます。「影響」という、それ自体が副作用(side effect)的な性格を持つ概念をテーマとして掲げながら、そこに生まれる Side Effects を有機的に取り込んでいきます。

ステートメント

目的に到達しようとする努力が生み出す、当初の目的に収まらないもろもろの帰結は副作用(side-effect)や副産物(by-product)などと呼ばれます。こうした付随的な効果は目的によってもたらされる一方で、それ自体として目的化できないという逆説を抱えています。だからこそ、目的地を目指した道のりの周縁(side)に浮かび上がる作用や産物を回収するのは、大抵の場合、未来の自分でなければ、遅れてやってくる他者なのです。いまから約五十年前に構想された《Island Eye Island Ear》という風変わりな題名を持つパフォーマンスが目指したのは、島内に張り巡らされたサウンド・ビームや霧の変化を通じて、それ自体として見たり聞いたりすることのできない「風」を観客が間接的に見聞きすることでした。十年越しの努力にも関わらず実現に至らなかったこの計画は、しかしながら多くの豊かな副産物を生み出しました。最近になって、当時のプロジェクト・メンバーとともにこの未完のパフォーマンスの実現可能性を再度考えはじめました。三年前にスウェーデンの孤島を再訪したことが思わぬ形で日本でのイベントに繋がり、そのイベントの予想外の帰結として札幌を拠点に三年越しのプロジェクトをはじめることになりました。いつしか、一度も上演されなかった幻の作品の実現を追い求めることが生み出す副産物の連鎖自体が《Island Eye Island Ear》という息の長いパフォーマンスの本性だという気がしてきました。そもそもチュードアたちが半世紀前に追い求めた「隠れた自然=本性(occult nature)」が知覚の周縁においてのみ露わになるある種の副作用だったとすれば、サイド・プロジェクトほどその再考にふさわしい上演形態はないのかもしれません。

中井 悠

 

風土は、気候や地形などの自然環境、そして、国や地球上での地政学的な位置や人々の振る舞いなど無数の要件が知覚できないレベルにまで複雑に絡み合い、影響を及ぼし合って形成されているといえます。それはコアとなる主体が特定されず、全体として流動的で完成形のないプロセスのようなものだと考えます。同様に、サイド・プロジェクトは札幌や北海道のあり様に食い込み、その形成プロセスに巻き込まれながらプロジェクト自体が変容していくことを受け入れたいと考えています。つまり、能動的でもなく受動的でもない、そのあいだを漂う中動的なアプローチがこのプロジェクトが動く・動かされるためのキーワードになるように思います。
さらに、サイド・プロジェクト第1期を起動させるためのモチーフとして、中谷宇吉郎の影響を受け、霧の彫刻家として知られる中谷芙二子がオリジナルメンバーで参加した未完の作品《Island Eye Island Ear》を取り入れます。同作品の再考とその実現可能性を探る過程は、北海道といういわば大きな島の特性(nature)を露わにすることへもつながると考えます。

明貫 紘子

チーム

中井 悠
Artistic Researcher アーティスティックリサーチャー
アーティスト/東京大学総合文化研究科准教授

No Collectiveのメンバーとして音楽(家)、ダンスもどき、お化け屋敷、わらべ歌などを世界各地で制作(http://nocollective.com)、出版プロジェクトAlready Not Yetとして実験的絵本や子供のことわざ集などを出版(http://alreadynotyet.org)。制作のかたわらで実験・電子音楽、影響や癖の理論などについての研究を行なう。最近デーヴィッド・チュードアの音楽の研究書Reminded by the Instruments: David Tudor’s Music(オックスフォード大学出版局、2021年)を出版(http://remindedbytheinstruments.info)。他の仕事に、チュードアの未発表音源とその奇妙な履歴をたどる長編論考を組み合わせた二枚組レコードMonobirds: From Ahmedabad to Xenon(TOPOS、2021年)。日本語の書き物に「訳者解題」(『岡崎乾二郎展カタログ』、豊田市美術館、2020年)。2021年10月〜2022年6月までヴァージニア大学大学院作曲コースのヴァーチャル・レジデンシー・アーティスト。東京大学大学院総合文化研究科(表象文化論)+芸術創造連携研究機構准教授。令和3年度東京大学卓越研究員。

明貫 紘子
Curatorial Researcher キュラトリアルリサーチャー
キュレーター/映像ワークショップ合同会社代表

2000年筑波大学芸術専門学群総合造形、2002年岐阜県立情報科学芸術アカデミー(IAMAS)卒業。2017年ドナウ大学大学院メディアアートヒストリーズ修了。SKIPCITY映像ミュージアムとNTTインターコミュニケーション・センター[ICC]学芸員を経て、「メディアアートの記録と保存」に関する研究に着手。2013年から5年間 inter media art institute Duesseldorf(imai、ドイツ)の客員研究員として、ビデオアートのアーカイブ編成とデータベース構築のプロジェクトに従事。2018年より愛知県立芸術大学非常勤研究員として、メディアアートのアーカイブや研究調査に関するプロジェクトに従事。文化庁メディア芸術祭アート部門選考委員。アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA2021審査員。金沢美術工芸大学非常勤講師。

S.I.D.E.
企画・運営

S.I.D.E. は、パンデミックや持続可能性を巡って全社会的な価値観の変容が迫られる中、SIAFラボが発案する研究開発(R&D)とネットワーク型異分野コラボレーションのためのプラットフォーム。

SIAFラボ

小町谷圭 / 石田勝也 / 船戸大輔 / 平川紀道
スーパーバイザー:久保田 晃弘

CoSTEP 北海道大学科学技術コミュニケーション教育研究部門

奥本素子(准教授)/ 朴炫貞(特任講師)

主なプログラム

1. Youtube インタビュー ・シリーズ

マンスリーで全10回(予定)のインタビューを公開します。
中井悠氏とSIAFラボが隔月で担当し、CoSTEPのファシリテーションのもと研究者を中心にインタビューを実施します。二路線のインタビューが、互いに影響しながらそれぞれのトピックを掘り下げていきます。
ラボのYoutubeチャンネルで配信するほか、テキスト形式の記事として、CoSTEPのウェブサイトにも掲載していきます。

Youtubeチャンネル
Twitter@SIAFlab
Instagram@siaflab

2.連続イヴェント

夏季と冬季にゲストを迎え、トークやワークショップ、フィールドワーク、実験といったイベントを開催/公開します。

2022

  • 2月「トークイベント:都市と自然とR&D」
  • 8月 開催予定

2023

  • 2月 開催予定
  • 8月 開催予定

3.成果報告会

2024 2月 札幌国際芸術祭2024と同時期に成果報告会を予定しています。詳細は追って掲載します。

プレスリリース

2022年1月20日 北海道を舞台にしたアーティスティックリサーチプログラム Side Effects 2022-2024 (PDF)

お問い合わせ

E-mail: info@siaflab.jp
HP: https://siaflab.jp/project/side/side-effects/
SNS: Youtube / Twitter / Instagram

S.I.D.E.とは?

S.I.D.E. は、パンデミックや持続可能性を巡って全社会的な価値観の変容が迫られる中、SIAFラボが発案する研究開発(R&D)とネットワーク型異分野コラボレーションのためのプラットフォームです。道内外のメンバーと共に、トリエンナーレ形式(3年に1度)で開催される札幌国際芸術祭の傍(サイド)を走る長期プロジェクトとして、アーティストが芸術作品を制作し、科学者が研究論文を書くだけではない新たな創造性を、北海道をフィールドに模索します。

運営チーム

SIAFラボ

小町谷圭 / 石田勝也 / 船戸大輔 / 平川紀道
スーパーバイザー:久保田 晃弘

CoSTEP 北海道大学科学技術コミュニケーション教育研究部門

奥本素子(准教授)/ 朴炫貞(特任講師)
情報設計:萩原俊矢
キービジュアルデザイン:山森晋平