Informationお知らせ

SIAFラボ 2021年度活動報告会

SIAFラボの活動成果を紹介する「SIAFラボ 2021年度活動報告会」を開催します。

SIAFラボは、札幌国際芸術祭(SIAF)のかたわらで実験的な活動を続けるプラットフォームです。活動7年目となった2021年度は、「R&D(研究開発)」「アートプロジェクト(作品制作・展示・公演)」「人材発掘・育成/人的ネットワーク構築」を3本の柱として様々な活動を展開してきました。

今回の報告会では、SIAFラボメンバーによる活動報告のほか、3名の専門家をゲストに迎え、SIAFをはじめとする札幌ならではの文化・芸術の醸成に向けた課題と展望についてディスカッションします。

※SIAFラボ 各プロジェクトの紹介ページ
https://siaflab.jp/project/
*各プロジェクトの報告内容には、現代アート・メディアアート分野に関連する専門的な用語やエピソードを用いることが想定されます。事前にSIAFラボのホームページより、各プロジェクトのアーカイブ等をご覧いただけるとより理解が深まりお楽しみいただけますのでぜひご覧ください!

 


日時:3月28日(月)19時〜21時 オンライン配信
参加費:無料
参加方法:
YouTube Liveにてご視聴いただけます。下記のURLよりご観覧ください。
*ご視聴の際はぜひご質問ご感想などコメントをお寄せください!
↓↓SIAFラボ活動報告会URL
https://youtu.be/NnGp4mRXz2I


出演:
SIAFラボ
小町谷 圭、石田 勝也、船戸 大輔、平川 紀道

SIAFラボスーパーバイザー
久保田 晃弘

ゲスト
渡邉朋也 Tomoya Watanabe (山口情報芸術センター[YCAM]ドキュメントコーディネーター/アーキビスト)
仲本拡史 Hirofumi Nakamoto(映像作家)
四方幸子 Yukiko Shikata(キュレーター/批評家)

プロフィール

渡邉朋也 - TomoyaWatanabe

山口情報芸術センター[YCAM]ドキュメントコーディネーター/アーキビスト
1984年生まれ。展覧会や公演など、山口情報芸術センター[YCAM]の主催事業全般のドキュメンテーションを担当するとともに、YCAMで過去に制作された作品の修復保存なども担当する。担当した企画に「搬入プロジェクト山口・中園町計画」など。主な著書に「SEIKO MIKAMI—三上晴子 記録と記憶」(2019年/NTT出版/馬定延との共編著)。

山口情報芸術センター[YCAM]:https://www.ycam.jp/


©︎山本悠挿し絵事務所

仲本拡史 - Hirofumi Nakamoto

映像作家
映像作家。1986年生まれ、逗子市在住。東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。2010年に西イングランド大学に留学し、現代美術を学ぶ。監督した主な映画は『無言の乗客』(ベルリン映画祭/2013)、『宇宙の舟 2016』(イフラヴァ国際映画祭/2017)、『ナイト・シュノーケリング』(吉開菜央共同監督/ヴィジョン・デュ・レール映画祭/2021)など。主なグループ展は、不純物と免疫 Impurity / Immunity(TOKAS本郷、沖縄、バンコク/2017~18)、WRO Media Art Biennnale(ポーランド/2019)など。ホテルなどの人工的な空間に、カニやヤドカリなどの動物を持ち込み、動物と自己、カメラのの3者の関係を描く「動物SF」シリーズは、各国の映画祭や芸術祭で上映、展示される。2018年より神奈川県逗子市に居を移し、映像表現のレクチャー、ワークショップ、上映などの活動を行う団体「逗子アートフィルム」を立ち上げる。「螺旋の映像祭」ディレクター。科学映画祭 Imagine Sience Films 審査員(ニューヨーク/2021)。関東学院大学非常勤講師(2020〜)。

四方幸子 - Yukiko Shikata

キュレーター/批評家
美術批評家連盟会長。「対話と創造の森」アーティスティックディレクター。多摩美術大学・東京造形大学客員教授、IAMAS・武蔵野美術大学非常勤講師。4月より國學院大学大学院非常勤講師を兼任。データ、水、人、動植物、気象など「情報のフロー」からアート、自然・社会科学を横断する活動を展開。2020年の仕事に美術評論家連盟2020年度シンポジウム「文化 / 地殻 / 変動 訪れつつある世界とその後に来る芸術」、オンライン・フェスティバルMMFS2020、「ForkingPiraGene」(C-Lab台北)、2021年にフォーラム「想像力としての<資本>」(京都府)、「EIR(エナジー・イン・ルーラル)」(国際芸術センター青森+Liminaria、継続中)、フォーラム「精神としてのエネルギー|石・水・森・人」(対話と創造の森)など。国内外の審査員を歴任。共著多数。札幌国際芸術祭2014ではアソシエイトキュレーターを務めた。
yukikoshikata.com

Photo:新津保建秀