Eventsイベント

さっぽろ垂氷まつり2020

2019
日時2020年2月1日(土)~2月11日(火・祝)|10:00~18:00
会場札幌市資料館(1階 SIAFラウンジ、2階 SIAFプロジェクトルーム、前庭/裏庭 特設会場)

おまたせしました。この冬にやってきました「さっぽろ垂氷まつり2020」!

垂氷は「つらら」の古語名で、氷柱とも書きます。北海道の冬景色に欠かせないものでしたが、最近は見られることも少なくなりました。つららは 刻々と変化する気温や湿度の中で作り上げられる自然の芸術であり、環境の鏡であるといえるでしょう。SIAFラボは2016年からつららに着目し、 つららを通して札幌、北海道の文化、環境を考えてきました。「さっぽろ垂氷(たるひ)まつり」は、暮らしの中から減りつつあるつららを、アート、サイエンス、 文化などさまざまな側面から考え、札幌の冬を再発見していきます。さら に今年は、これまでの取り組みの集大成として、冬の札幌の環境によって 日々変化していく作品をより魅力的に紹介します。


主催:札幌市、札幌文化芸術交流センター SCARTS(札幌市芸術文化財団) 、札幌国際芸術祭実行委員会
特別連携:さっぽろユキテラス2020
協力:札幌駅前通地区活性化委員会
助成:平成31年度日本博を契機とする文化資源コンテンツ創成事業
 ※同時期に札幌市民交流プラザで開催される「さっぽろウインターチェンジ」と連携しています。
さっぽろウインターチェンジについてはこちら

プログラム

オープニングツアー・点灯式

各会場で、作品制作者などによる解説や制作のエピソードを紹介します。

日時:2019年2月1日(金)17:00~
集合場所:1階 SIAFラウンジ
申込不要・現地集合

環境氷柱光壁

つららは水を素材に環境が作り出す造形物ですが、別の素材に置き換えるとどのようなつららになるでしょう。この作品はリアルタイムに取得される環 境の情報(温度、湿度、気圧)を基に、光の壁としてつららを表現します。

会場:前庭 特設会場

人工氷柱製造装置

コンピュータで水の量や角度をコントロールして、自然界に は見られない人工的なつららを作るこの装置は、これまでに数々の実験と試行錯誤を繰り返してきました。今年もさまざまな形のつららをお見せします。

会場:2階 SIAFプロジェクトルーム

回転式巨大氷柱造形装置

回転する軸に噴霧された水滴が付くことによって作られる放射状のつららが印象的な回転式巨大氷柱造形装置。その日の気象条件によって氷の付き方、 大きさが日々変わっていく不思議な装置です。

会場:前庭 特設会場

垂氷小屋

つららができる建物とはどんな建物でしょう。垂氷小屋と呼ばれるこの小屋は、熱の伝わり方を工夫し、つららができやすい構造になっています。今年 のつららはどこまで大きくなり、どんな形になるのでしょうか。

会場:裏庭 特設会場

イベント

SIAF部プレセンツ!多言語ツアー!

来る札幌国際芸術祭2020での活躍を目標に、アートコーディネーター&アートメディエーターを目指しているSIAF部が、多言語のツアーを実施します!ぜひご参加ください!

日時:上記の日程に准ずる 17:00–17:30
集合場所:1階 SIAFラウンジ
申込不要・現地集合

つららアクセサリーワークショップ

実物のツララをかたどった素材を使ってアクセサリーを作りませんか?冬の札幌・北海道の思い出づくりにぜひご体験ください!
定員:20名(当日先着順/予約不可)
材料費:1,000円
会場:1階 SIAFラウンジ