Eventsイベント

第3回「古代のパブリックアート」

プロジェクト概要

SIAF2014の出品作品で芸術祭の終了後も札幌市が保存することになった《一石を投じる》が札幌市資料館の前庭に仮置きされています。この作品をこれ からどうしていくのがよいでしょうか?公共空間におけるアート、パブリックアートについて学びながら、作者の島袋道浩氏と毎回迎えるさまざまなゲストが市 民の方々と一緒に、3 回にわたり《一石を投じる》のこれからについて考えます。

 

▷プロジェクト概要・これまでの経緯など→こちら

 

3月にそもそもパブリックアートって?に始まり、5月には建築、都市設計に入り込む事例と考察、そして7月24日に、未来のパブリックアートと題して3人のゲストと島袋道浩さんとのディスカッションが行われました。その中では、作品が置かれる、出現するという状況が、時間の経過とともに、時の背景つまり時代性が反映されて”パブリック”な存在、状況を創りだしていくのではないか、だからパブリックアートには「時間軸」の観点がいるという議論は興味深いものでした。同時にアートの意味や価値もまた時代とともに変化することを思うと、常に変わりゆくことを示唆し続けるのがアートなんじゃないか、一見その場に居座り不変の象徴にように捉えられてしまう《一石を投じる》が、実はとてつもなく長い時間の中で「変化」そのものだとしたら、なんだか希望を感じます、暗闇の中の光のようなものです。
さて、思想家の中沢新一さんをお迎えする3回目「古代のパブリックアート」はどんなお話になるのでしょう。幾度も北海道に調査に来られているとのことです、長い長い時間の話を期待しましょう。

小田井真美:プロジェクト発起人

 

 

第3回「古代のパブリックアート」

日時:2016年10月16日(日) 15:00~17:00 

会場:札幌市資料館(札幌市中央区大通西13丁目) 2階 研修室

進行:島袋道浩 (美術家)

ゲスト:中沢新一(思想家、人類学者)

司会:小田井 真美(プロジェクト発起人のひとり)

〈要申込・定員:先着80名〉

   受付は終了しました

 
 

プロフィール

島袋道浩 【SHIMABUKU】

美術家
1969年生まれ。2004年よりベルリンに在住。1990年代初頭より世界中の多くの場所を旅しながら、そこに生きる人々や動物、風習や環境に関係したインスタレーションやパフォーマンス、ビデオ作品を制作している。パリのポンピドゥ・センター、ロンドンのヘイワード・ギャラリーなどでのグループ展や2003年ヴェネチア・ビエンナーレ、2006年サンパウロ・ビエンナーレ、2015年ハバナ・ビエンナーレなどの国際展に数多く参加。2013年には金沢21世紀美術館、2014年にはスイスのクンストハーレ・ベルンで個展を開催。2016年には、ロスアンジェルスやマドリッドのギャラリーでの個展を予定している。 2014年札幌国際芸術祭参加作家。
HP:http://www.shimabuku.net/

中沢新一【Shinichi NAKAZAWA】

思想家、人類学者
山梨県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。思想家・人類学者。 中央大学教授、多摩美術大学芸術人類学研究所所長を経て、現在東京藝術大学客員教授、明治大学野生の科学研究所所長。 チベットで仏教を学び、帰国後、人類の思考全域を視野にいれた研究分野(精神の考古学)を構想・開拓する。 著書に「チベットのモーツァルト」(サントリー学芸賞)、「森のバロック」(読売文学賞)、「フィロソフィア・ヤポニカ」(伊藤整文学賞)、「アースダイバー」(桑原武夫学芸賞)「カイエ・ソバージュ」シリーズ(第五巻「対称性人類学」で(小林秀雄賞))、「野生の科学」、「大阪アースダイバー」ほか多数。近著に「熊楠の星の時間」がある。これまでの研究業績が評価され、2016年5月に第26回南方熊楠賞(人文の部)を受賞した。